2015年3月 6日 09:41

歳をとると教養と教育が大切

2015年2月24日 13:53

私が人生の師と仰ぐ方が3人います。

昨日はそのお一人の講演会でした。

 

既に年齢は75歳ですが、一生青春、生涯現役という生き方をされているだけあって聴衆に希望と勇気を与えるお話に終始しました。

夢やビジョンのお話にきっちりした数字の裏付けがあるだけに説得力があります。

成功しているから話せるのではなく、とてももがき苦しんでいた時も私は知っているだけに、その逆境を乗り越えてきた強靭な体力と精神力と行動力には本当に頭が下がります。

 

自ら逆境に身を置くとは、ビジョン(登る山を決める)に向かって登るための覚悟を決めること、逆境こそ人生最大の師であると感じました。

 

今では全国津々浦々で、年間200回を超える講演をされているようです。

昨日は講師世話役でしたので、控室で講演内容以外のお話をうかがう機会がありました。

 

同席した先輩経営者が講師に質問をしました。

「講演も年間200回を超えるとなると、体力の維持も大変じゃないでしょうか?」

 

すると講師は、「歳をとるとね、教養と教育が大切なんや」

 

年齢に関係なく大切なので、同席していた全員がきょとんとしてしまいました。

 

すると講師は、「きょうよう」とは、今日も用事があることや。

「きょういく」とは、今日も行くところがあることや。

 

「じっとすることなどできないから、全国どこからでもお呼びがかかったら行くんや。ありがたいことや。」

 

今までも数多くの師匠から頂いた格言を大切に心の中にしまっていますが、また新たな格言が増えました。

 

必要とされる、お役に立てる、それに感謝できるそんな人生にしたいと決意できました。

 

感謝

任意売却相談件数が急増

2014年7月18日 09:03

本日は相続した土地の賃借人とのトラブルについて解決した事例をご紹介いたします。

任意売却の専門性が高まると同時に、色々な方から多岐にわたるご相談を受ける機会が

増えてきました。

その1つの例として、お父様の生前に駐車場として賃貸していた土地の賃借人は、貸主の承諾なしに工作物を設置したり、駐車場以外の用途で使用したりと明らかに契約違反を繰り返していたようです。


生前お父様も放置することなく、明け渡し訴訟を前提として裁判所での和解手続きなどをしておりましたが、明け渡し猶予期間が切れる一年前に他界しました。


それをいいことに、死人に口なしではないですが、和解や明け渡し猶予の事実を歪曲する

だけでなく、できることなら安く買いたたいて手に入れてやろうとする魂胆でした。


礼儀知らずで、たちの悪い賃借人との間に立ち、過去のいきさつをまず認めさせることから

始まり、工作物の撤去や明け渡しなどの交渉を相続人の代理として解決した次第です。


守秘義務があるので、解決方法につきましては詳しく紹介できませんが、弱いものが損を

見ることがないよう、お父様が遺した財産を安心して有効活用できるよう、これからも

お手伝いができれば幸いです。


6月に入ってから急激に任意売却の相談件数も増えてきました。

年2回のボーナス払いを控えたこの時期が、一番相談が増える傾向は毎年変わっていません。

景気が持ち直したりしているような記事を見るたび思うのは、住宅ローンという大きな負債を背負ったまま身動きできない方に対する対策を国ができれば、どれだけの景気負浮揚策につながるのかを真剣に考えてほしいと願うばかりです。


住宅減税

2013年1月10日 07:59

今朝の日本経済新聞の一面に、安部政権の経済政策の一環として、「住宅減税の現金で補填」の記事を掲載していました。

安部政権発足後、矢継ぎ早の景気対策が発表されるごとに、株価や円の動きなど敏感に反応しているようです。

今回の記事は、消費税増税後の住宅購入者に対して、住宅ローン減税の利用者を対象に、所得税と住民税の減税枠で使い残した部分を現金で補填する内容でした。

これから住宅を購入を検討するお客さんにとっては、消費税の増税とそれに伴う減税は判断基準においてとても重要な情報になるだけに、法律の整備がどのように進んでいくのかを慎重に見極めたいと思います。

私たちが気をつけなければならないのは、消費税が増税だから、住宅ローン減税が拡大されるからという生半可な情報とトークだけで、販売活動を行ってはならないと思います。

昨今、住宅ローンの支払いで悩んでいる方から相談を受けるたびに、過去政府が住宅購入を促進するたびに行ってきた対策が、結局は住宅購入者の支払いを苦しめる方向になっているのも事実です。

例えば、住宅金融公庫のゆとり返済(10年後に金利があがる)などで、現在の市場金利の4倍ぐらいの負担を強いられている方も多くいます。

これから住宅を購入する方への対策だけでなく、ローンの支払いを継続中の方への対策や、仕方なく任意売却により不動産を処分された方の残債務に対する対策なども、真剣に協議する機会があってもいいように感じる今日この頃です。

忘れてはならないのが何事もバランスだと思います。未来に向けて対策を講じるなら、大局を着眼して小局に着手することも大切だと思います。

個人個人の力ではどのようにもならないかも知れませんが、外部環境の変化にしっかりと対応できるように、今年一年も精進する毎日でありたいと思います。

 

 

金融機関の督促について

2012年12月 5日 18:37

11月以降、任意売却の相談が急増しています。特にボーナス併用で支払いをされている方の相談内容は深刻です。

 

先日、ご相談いただいた方は、この20年間住宅ローンの支払いを一度も遅れたことが無かったのですが、いろんな事情によりとうとう3ヶ月滞納してしまいました。

 

遅れた最初は、郵便物が届く程度ですが、2回、3回と遅れることで、金融機関の窓口も変わり、口調も内容も少々厳しいものだったようです。

 

回収の専門用語や厳しい口調も重なり、相当精神的に滅入ったようです。

 

住宅ローンの滞納者に対する督促に手順については、段階ごとでマニュアル化されており、遅れた方は、3回目ぐらいの督促が一番きついようです。

 

20年間の支払額や実績などは考慮されず、同じように督促されるのは仕方ないことですが、本当に気の毒な相談者も多くいます。

 

1ヶ月、2ヶ月と遅れだしたときは、精神的にも一番つらいときです。これからどうなるのか?どうしたらいいのか?何もわからずますます状況が悪くなってから相談にこられるコースも多くあります。

 

住宅ローンや任意売却の仕組みを理解するだけでも、精神的な負担の軽減は明らかです。

どんなことでも結構ですので、まだ遅れていないが、来月の支払いやボーナス払いが苦しいと思われたら一度私に相談してみてください。

 

皆様のお役に立つことが私たちの使命です。

全国経営発表大会

2012年9月23日 16:45

__ (1).JPG

 

私が所属する経営を研究する会の全国経営発表大会が中之島の大阪国際会議場で開催されました。昨年までは会場が手狭なため、発表者やアドバイザーなどの人数に制限がありましたが、今年から会場が変わったので全国から1450名が集まりました。

 

7名の発表者と20名のアドバイザーでグループを形成し、2日間にわたりとても学び深い有意義な時間を共有させていただきました。

異業種の方がお集まりですが、「今より会社の業績をもっと向上させたい」「社員さんや協力業者さんを幸せにしたい」「お客様により喜んでもらいたい」という目的は皆さん共通です。

 

経営方針の発表を拝聴し、自社に置き換えたとき、自社の問題や課題が浮き彫りになり、優先順位をつけて何からはじめるべきか、もしくは今までやってきたがこれからは何をしないかを明確にすることができました。

 

同業者さまの発表からも大きなヒントを得ることができました。

 

成功に向けて準備、設営、運営に関わっていただいた全ての人、勇気を持って自社の財務内容をオープンにして発表された人、一生懸命経営が良くなるようアドバイスをされた人、全ての方に感謝いたします。

 

 

 

 

 

一般社団法人 全日本任意売却支援協会

2012年6月30日 08:30

 

弊社が加盟している、一般社団法人 全日本任意売却支援協会の勉強会に参加しました。

年に4回のペースで開催される勉強会ですが、今回も企業事例の発表などを通して新しい発見と刺激を受けることができました。

北は岩手から南は沖縄まで、各地で活躍されている企業様と切磋琢磨できる大切な機会になっています。

来年3月に期限が切れる金融円滑化法の影響で、住宅ローンの相談者も増えると予想されるだけに、的確な解決に導けるようこのような学びの機会を大切にしたいものです。

2012年6月 5日 15:07

 

日本生命の招待で、(前中日ドラゴンズ監督)落合博満氏の講演会に参加してきました。

平日にも関わらず、さすが落合元監督の人気というか、興味関心とというか、1600人ほどの出席者で開催されました。

少々変わり者で扱いにくい人というイメージがあるようですが、全てマスコミが作り上げた人物像であり、本当は論理的な緻密さと、やさしさを兼ね備えた魅力溢れる人間味に触れることができました。

前中日球団の監督を要請されたときのエピソードや、中日が常勝球団になる過程をいろんなエピソードを交えて本当にわかりやすくお話されていました。

は落合監督俺流のリーダシップに関心を持っていただけに、期待を裏切るどころかそれ以上の内容でした。

 

現在低迷している阪神タイガーズが強くなるための対策なども、選手名を挙げて解説していました。

 

ほとんど原稿を持たずに、大阪での講演なので阪神ファンが多いはずだということで、少々アレンジしてわかりやすくお話されていました。

 

単なる野球の話で終わるのでなく、その中にタイトルにあるように、「勝てる人の育て方」「勝てる組織の作り方」のヒントが多く含まれていました。

 

人の話をちゅんと聴くことの大切さをお話されていましたが、それを女房によって鍛えられたというのも印象的でした。

 

今年は日本全国で講演をされているようですので、機会がありましたら一度ご参加ください。

テレビの印象とは違い、人なつっこく人間味溢れる落合さんに魅了されると思います。

落合監督.JPG

上棟式

2012年6月 3日 17:47

IMG_1452.JPG今日は朝からすこし小雨がぱらついてましたが、上棟式が始まるころには雨もすっかりあがっていました。今日は弊社がコンサルを手がける新築工事の上棟式でした。

家の中心に設けられた祭壇に幣串がおかれているので、そこで2礼2拍手1礼を行い、家の4隅に酒、米、塩をまきました。終始和やかな雰囲気でとても喜ばれていたので、本当に私もうれしくなりました。

木造3階建ての建物ですが、施主様が想像していた以上にボリュームがあるので、施主様が驚いていたのがとても印象的でした。

 

家族みんなの夢を形にするお手伝いができることが、私たちの仕事の原動力になっています。

これから梅雨時を向かえ、天候不良や暑さ対策など、大工さんも体調管理には十分気をつけてがんばってください。

IMG_1449.JPG

 

ありがとうの気持ちを込めて

2012年5月22日 08:04
IMG_1076.JPG IMG_1119.JPG IMG_1094.JPG

5月20日(日)は、ブーケタウン分譲地でガレージセールを開催いたしました。

業務提携先取引業者様の協力により、楽しく開催することができました。

ご近所の皆様がご家族連れでご来場いただき、ひと時を楽しんでいただけました。

たこ焼き、わたがし、ヨーヨーつり、バザー商品などを用意し、楽しんでいいる子供たちの様子に

私たちの気持ちも癒されました。

 

さて、今週から待ちに待ったモデルハウスの完成見学会が開催されます。

ありがとうと笑顔が溢れる街づくり、ご家族らしく住みこなすゆとりを追求して描いた自由設計の間取りなど、ぜひすばらしさを体験してみてください。

 

IMG_1015.JPG

 

 



このページの最上部へ